posted by admin on 1月 19

今日のお題は白髪染めです。参考WEBのページとしてはこちら 利尻ヘアカラートリートメント評判 を参照してまとめます。

豊染花(ほうせんか)は、ムース状の染料を髪に塗って光に当てるだけで白髪を染める感光性の新しいタイプの白髪染めです。
豊染花は従来の乳液状の染料とは異なり、泡状のムースで出てくるので伸ばしやすく、たれにくく、短時間で色ムラなく染めることができます。
また、塗った後は夜まで洗い流す必要はなく、太陽光や蛍光灯の光を浴びるだけで自然とダークブラウン色に染まっていきます。

豊染花の最大の特徴は上でも書きましたが、光を当てるだけで染まる感光性ということです。この仕組みを説明すると、ムースに含まれる銀イオンが光に当たると金属銀微粒子に変化する特性を持っており、この金属銀微粒子は日光や蛍光灯などに2〜3時間当たると、髪に吸着されるので、光に当たるだけで髪に吸収され染まっていきます。
また、豊染花には銀イオンのほかに髪をいたわる天然成分も含まれています。傷んだ髪をキューティクルごと保護し、ふんわりとしたボリュームを与える「ヒドロキシプロピルキトサン」、「ユズセラミド」、「加水分解ケラチン」、「アミノ酸フィトステロール」などの髪に栄養を与える各種成分を多く含んでいます。これにより、使用するごとになめらかな髪へとなっていきます。
豊染花の使用方法としては、朝スタイリング剤がわりに豊染花をブラシで髪に伸ばしたら、あとは普段と同じ要領で髪をセットするだけです。そのまま1日過ごして、夜にシャンプーなどで落とすだけで髪が染まっていきます。朝にセットした際、色移りが気になるかたはムースをつけたあとドライヤーなどでしっかりと乾かすことをオススメします。
豊染花は一回の発色効果はそれほどないものの、一般的なヘアカラータイプの白髪染めと異なり、髪の表面のみをコーティングして染色するため、毎日の使用でも髪や地肌を傷める心配がないのが特徴です。
ちなみに、使用するごとに色が濃くなっていくので、自分の理想とする色になったら使用をやめ、また髪が伸びてきて白髪部分が気になるようならば使用するようにするといいでしょう。

 以上、本日は白髪染めに関して勉強になったコンテンツを綴ってみました。
 みなさまにとって参考になる内容を提供できていればうれしいです。参照サイト はこちらです!⇒ 利尻ヘアカラートリートメント評判

Leave a Reply